薔薇の迷路

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

りこはるがセンター

GYOPI2013-09-24

■りこはるがエースという証拠
ここまで、短期集中連載として、3回にわたり「ピチモのエースを考えるシリーズ」を書いてきました。現在のピチレのエース・リーダーに関する状況を、実際のデータや各種証拠を提示しつつ解説してきたので、だいぶ現状が分かってもらえたと思います。

で、今日は、そのオマケというか、補強証拠。改めて、現時点で「りこはる」がエースであるという事実について、さらにダメ押しとなる証拠を出してみます。


■ガールズサマーフェス集合写真より
ピチレモン最大のイベントといえば、毎年夏に行われる、サマーフェス。春や秋にも、ちょっとしたイベントが企画されることはありますが、会場の大きさ、集まる人数など、規模としては、もちろん夏フェスが最大。

で、そんなイベントには、ネットやスポーツ紙をはじめとする、様々な一般メディアも取材に訪れます。フェス関連の記事を、ネットで見たという人も多いと思います。まあ、さすがに知名度・話題性といった点から、記事の見出しには、アイドルとしてのあみたちゃんやまいんちゃんの名前が出ていたようですが…。

とにかく、そういった取材に来たメディアを対象に、ピチモを中心とした参加者の集合写真撮影が行われるわけです。となるとポイントは、そんな写真の並び順。いったい、どんな配置がなされたのでしょうか? センターについたのは、誰でしょうか?


■集合写真の配置図


■並び順の解説
ピチレモン』11月号の122ページを開いてください。このページの上半分を大きく使って、フェスの集合写真が掲載されています。これをもとに説明していきます。本誌が手元にない人は、すぐ上の「配置図」を見てください。

まずは、最前列に注目。最も目立つ1列目に配置されたのは8人で、この8人には1つの共通点があります。それは、このフェス当日時点(8月8日)での表紙経験者ということです。当時、最新の2013年9月号時点における、現役ピチモの表紙経験者は8人だけ。つまり、その8人がそっくりそのまま最前列に配置されているわけです。

続いて、注目のセンター。8人並びですので、真ん中の2人がダブルセンターということになります。すると、上の配置図に緑の文字で入れたとおり、センターは関根莉子ちゃん&福原遥ちゃん。これが、現状です。(もしあなたの周りに、いまだに「ののがエース!」と言い張る人がいたら、この本誌の写真を見せて、「じゃあ、なんでエースなのに、センターにいないの?」と、言ってあげてください)

で、その両サイドには、高1組のナンバワン・ツーである山口乃々華ちゃん&長崎すみれちゃんが、順当に配置されるといった感じ。

なお、2列目の真ん中は、初表紙に最も近いとされる田尻あやめちゃん&荒川ちかちゃんの「乙女新党コンビ」。3列目の真ん中は、将来のエース候補とされる石田美月ちゃん。ということで、実はかなりよく考えられた並び順であることが分かります。