三月の兎

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

「見せない」「隠す」は、なぜダメか?

こうして、脚や腕を見せないことは、不利に働きます。なぜ、不利となるのか。それは、見せないということは、隠している。隠しているということは、もしかして太いのかもしれないと解釈されるからです。

とにかく審査員は、たった1枚の写真によって審査・判断しなくてはなりません。で、その写真で、実際の太さ・細さを確認できない以上、あとは想像することになります。そして、想像する際には、もちろん最大限の「太め」で想像することになります。もし、細めに想像してもらえるなら、誰もがロングスカートで脚を隠すようになってしまいます。

ということで、衣装によって、自分のスタイルの一部を意図的に見せない、意図的に隠すのは、ゼッタイにNG。ありのままの自分のスタイルで勝負しましょう。