薔薇の迷路

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

編集部は歓迎か?

では、高崎愛梨後継としての加地千尋に編集部は歓迎だったのでしょうか。いってみれば「”枠”を使って押し付けられた」のか、それとも「千載一遇の宝石をつかんだ」のか。高崎に関しては、たしかに高3ということで間もなくの卒業は確定でしたが、それでもそのピチモいちのキラキラ&アイドル性(うちのプロフィールでも”アイドル性”評価が最高値)を持つ安定人気ピチモを失うのは惜しいもの。後継加地に必然期待がかかるわけで、さて実態はどうだったのでしょう。