薔薇の迷路

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

ピチレモン12月号

GYOPI2013-11-07

■今月号の登場モデル一覧
ピチレモン2013年12月号について、「登場数ランキング」と「目次別の登場モデル一覧リスト」が出来上がりました。

「ランキング」からは、今月号で最も多く出ているピチモが誰か、ひと目でわかり、「登場リスト」からは、誰がどんなページ・企画に出ているか、具体的な活躍内容がわかります。

まだ本誌を買ってないという人はもちろん、すでに買ったという人も、登場数の確認や登場モデルの確認、さらには、本誌内容の確認などなど、ぜひご利用ください。
12月号もくじ&登場モデル一覧

■2013年12月号登場ランキング

 1位 福原遥     15
 2位 関根莉子    13
 3位 小川涼     10
 4位 上白石萌歌   9
〃位 森高愛     9
 6位 関紫優     7
 7位 長崎すみれ   5
〃位 大原優乃    5
 9位 優希美青    4
〃位 中山咲月    4
11位 田尻あやめ   3
〃位 五十嵐ありさ  3
〃位 小林玲     3
〃位 平塚日菜    3
〃位 荒川ちか    3
16位 山口乃々華   2
〃位 三田美吹    2
〃位 前島亜美    2
〃位 山崎紗彩    2
20位 石田美月    1
〃位 日達舞     1


■はるんちゃん、またまた今月も1位!!
先月号で、初のソロ表紙となった福原遥ちゃんは、さすがに表紙にはなりませんでしたが、中身の登場では、しっかりとトップをキープ。

思えばはるんちゃんは、今年の7月号で、初の登場ランキング1位を獲得以来、8月号でこそ2位でしたが、それ以降、9月号、10月号、11月号と、連続で登場1位を続けていたところ。そして、今回の12月でも、もちろん1位ということで、現在のピチモで「最も誌面に多く出ている=最も人気がある」といえます。

■高1組は卒業間近
やっぱり、古くからの読者の感想としては、「ののレイ」がほとんど出てないことにつきるのではないでしょうか。今月は、小林玲ちゃんが3ページ。山口乃々華ちゃんにいたっては、たった2ページという。

もちろん、ののちゃんE-girlsの活動で、レイちゃんも舞台などで忙しいのでしょうが、それにしても、高1のオーデ出身組で、毎月登場があるのは、この2人だけ。卒業まで半年を切ったこともあり、もうちょっとピチモとして本誌での活躍が見たいです。

■中2組が活躍
高1組が圧倒的に出なくなったことと入れ替わるように、中2組の活躍が目立つようになってきました。で、今月号。特に、中2メーンとなる大型企画が2つあり、1つが「スパーピチモへの道」で、もう1つが「課外授業」。

前者は、その名の通り、エースへの道ともいうべき企画。小川涼ちゃんと荒川ちかちゃん、そして優希美青ちゃんの中2組3トップによる、読者投票を交えた3カ月連続の短期集中連載です。

一方、後者は、まさに「中2ピチモ林間学校」の代替版。同ページの編集部コメントに、「ピチモに『今年やり残したこと』をアンケートした結果、『お泊り』が圧倒的だった」とありますが、そりゃ、毎年恒例9月号の「林間学校」がなかったのだから、当然です。読者も、こういう大型企画は、楽しみに待っているわけで、ちょっと遅くなったにせよ、無事に今年も実施されて、よかったです。


■中2による次世代エース争い
で、上記のように、中2の活躍が増えてくると、それに伴い、現中3のエースコンビ「りこはる」に続く、次世代エース争いも、だんだん始まってきました。

中2の中で表紙回数トップを誇る美青ちゃんを筆頭に、もう1人の表紙経験者で、今月はパリ出張にも行った上白石萌歌ちゃん。さらには、「課外授業」「スーパーピチモ」の両企画に登場する涼ちゃん。そして、中2の中で唯一の「すイガール」であり、かつ、ピチ外でも女優として活躍するちかちゃん。とりあえず、現状では、この4人に絞られてきた感じです。

とはいえ、ピチ読としてホンネを言えば、やっぱりピチモオーディション出身者が、トップグループに1人もいないのは寂しいもの。ぜひぜひ、山崎紗彩ちゃん&吉村花音ちゃんの2人にも、がんばってほしいところです。