薔薇の迷路

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

連続表紙記録ランキング

GYOPI2013-10-04

■ピチモ連続表紙ランキング
卒業生に現役も含めた、歴代すべてのピチレモン専属モデルについて、連続表紙記録を調べてみました。

今回のポイントは、「連続」という点。たとえば、2013年の7,8,9,10月号と、これまで4カ月続けて表紙となっていた関根莉子ちゃんですが、今月11月号は出なかったことで、記録は4カ月でストップ。たとえ1回でも表紙から外れれば、その記録は途絶えて、またゼロからやり直しです。

とにかく、「1ヶ月も欠かさずに連続で出続けること」は、すごく大変であることが分かると思います。しかし、裏返せば、連続で表紙に出続けることこそ、人気の証明となるわけです。

ということで、卒業生&現役含めたすべてのピチモを対象に、誰が、最大何カ月連続で表紙に出続けたのか、ランキング形式で発表します。


■歴代ピチモ連続表紙記録ランキング

 歴代1位:14ヶ月連続 志田友美(2010年11月号〜2011年12月号)

 歴代2位:11ヶ月連続 壁谷明音(2006年1月号〜2006年11月号)

 歴代3位:08ヶ月連続 志田友美(2012年2月号〜2012年9月号)

 歴代4位:06ヶ月連続 江野沢愛美(2011年6月号〜2011年11月号)

 歴代5位:04ヶ月連続 前田希美(2009年8月号〜2009年11月号)
    :04ヶ月連続 吹田祐実(2007年12月号〜2008年3月号)
    :04ヶ月連続 関根莉子(2013年7月号〜2013年10月号)
    :04ヶ月連続 福原遥 (2013年8月号〜継続中)


■1位ゆうみん
連続記録の1位は、なんと「14か月」という志田友美ちゃん。もう、2011年は1年中。これに前年の11,12月号の2カ月を加え、とにかく毎月毎月表紙になっていたわけです。いま考えても、ちょっとありえないほどすごい記録です。

加えて、3位の「8か月」連続も、友美ちゃんの記録。こちらは、2012年の記録ですので、覚えているピチ読も多いと思います。

ちなみに、友美ちゃんといえば、通算表紙回数も28回ということで、すべてのピチモの中で1位の記録。こうしてみると、連続記録でも通算記録でも両方トップということで、まさに文句なし、ハッキリと友美ちゃんこそが、人気ナンバーワンピチモであったといえそうです。


■2位あかねちゃん&4位まなちゃん
2位は壁谷明音ちゃんで、記録は11カ月連続。2006年は、ほぼ1年中、表紙に明音ちゃんが出ていたということになります。当時は、明音ちゃんの単独エース体制でした。

一方、4位は、江野沢愛美ちゃん。記録は6カ月ですので、2011年の後半は、半年ずっと愛美ちゃんが表紙になっていたわけです。もちろん、「まなゆう」でセットですので、2011年から2012年にかけては、ほぼ確実に、毎月どっちか一方が表紙にいたことになります。


■5位まえのん&ふっきー&りこはる
5位は、前田希美ちゃん&吹田祐実ちゃん、さらには、ここではじめて現役が登場し、莉子ちゃん&福原遥ちゃんを加えた4人が、4カ月連続で並びます。

ただし、莉子ちゃんの記録は、もちろん今後さらに更新される可能性も高いですが、とりあえず現時点では、今日の最初に書いたように「4カ月」で確定。

対して、今月号でソロ表紙だった、はるんちゃんは、現在も記録継続中。つまり、はるんちゃんが来月号以降でも表紙になれば、その記録は、5か月、6か月と伸びていくわけで、ランキングも単独で5位となります。

現在の状況を見ると、はるんちゃんの記録は、まだまだ続きそうで、このままどこまでいくか、何か月連続までいくか、楽しみです。


■まとめ
連続表紙には、アンチがつきものです。「また今月も○○ちゃんだ!」「いつも○○ちゃんばっかり!」「もう、あきた」。しかし、同時に連続表紙は、それだけ人気があるという裏付けでもあり、エースの証明となりうるものでもあります。

ということで、現高1組が卒業すると、しばらくの間、ハッキリとした表紙常連候補は、りこはるだけになります。すると、まさに連続記録が出やすくなるところ。今後、とくに来年は、はるんちゃんの表紙記録がどこまで伸びるか、そして、莉子ちゃんの巻き返しがあるか、「連続記録」という点にも、ちょっと注目してみたいと思います。