三月の兎

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

ピチモオーディション1次合格者発表スタート

GYOPI2013-03-11

■合格電話開始日
本日3月11日より、第21回ピチレモン専属モデルオーディションの1次審査通過者に対し、合格を報せる電話がスタートしました。見事、書類審査を突破した応募者には、編集部から電話連絡が来ることになります。

期間は、今日から15日の金曜日までの5日間と、けっこう幅広く取ってあります。この間に、電話が来れば合格。もし、何の連絡もなかったら、残念ながら今年はダメだったということになります。


■いつ来るか
過去の合格者からの情報や、ピチレ3月号本誌のピチモ体験談などから、基本的に、電話が来るのは午後が多いようです。朝早くや夜遅くでは、さすがに失礼ということもあり、ズバリ、午後5時から午後8時あたりまでが狙いどころ。

となると、平日ですのでもちろん本人は、学校や部活、塾に行っている事が多く、必然、家の人が電話を受け、後に、本人はそれを伝えられるパターンがほとんどといえます。

なお、両親が働いていて、本人は学校といったように、完全に一日、朝から夕方まで留守になるという家もあると思います。しかし、全く心配いりません。そんな人のために、5日も幅広く合格発表期間が取ってあるわけです。編集部は、何回か電話してもつながらない場合、夜遅くや朝早くなど、ちゃんと時間帯を変えて、確実に連絡がつくまで、かけなおしてくれます。


■いつまで来るか
よく、「初日に来なかったら終わり」「初めの日が勝負」など、ウワサがあるようですが、そんなことは一切ありません。もし、今日11日だけで電話が完了するんだったら、なにも連絡期間として5日間も取っておく意味がありません。

少なくとも、辞退者に対する補欠合格や、連絡の取れない人への予備日も考えると、開始から3日間、つまりは水曜あたりまでは、まだまだ電話が来る可能性があると考えることができます。

さらにいうと、去年のデータからも、確実に1次は30人以上が合格するわけです。編集部スタッフが総出で電話するのであればまだしも、もちろんそんなことはなく、限られた担当者が電話するわけです。となれば、1日で全員に電話ができることは、到底ありえません。

ということで、初日になかったからといって、安易にあきらめず、とりあえず最後まで希望を持って、電話を待ってみてください。