三月の兎

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

日向ななみちゃん卒業

GYOPI2013-03-03

■ひなちゃん卒業
1日発売、『ピチレモン』4月号において、志田友美ちゃん&江野沢愛美ちゃんをはじめとする高1組9人の卒業が正式に発表されました。しかし、今月号をもっての卒業はこれだけでなく、中3からも一人、日向ななみちゃんの卒業も同時に発表されました。

今月号の本誌においては、過去の卒業特集と比べても、ダントツ最大規模となる10ページにも及ぶ「高1卒業スペシャル」が組まれたわけで、もちろん必見だし、この特集だけでも今月号を買う価値はありますが、その影に隠れ、ひなちゃんの卒業は、「裏ピチ」にちょこっと報告だけという。

同じ卒業なのに、学年が1コ違うだけで、この落差はあまりに大きいし、なにより、ひなちゃんだって、2年3ヶ月という長期に渡って、ピチモとしてがんばってきたわけです。

そこで、「編集部がやらないんだったら、三月の転校生でやろう」。ということで、急遽、ひなちゃんの卒業特集をやってみたいと思います。本誌特集と同じように、「エピソード」と「思い出ふりかえり」を中心に作ってみました。(⇒参考:日向ななみプロフィール - ピチレモンWiki


■ひなちゃんのピチモとしての活動
2011年の1月号より、非オーデにてピチレモン専属モデル。加入時の身長は148cmと超小柄。現時点でも153cmであり、もちろんピチモの中では小さいほう。

重本ことりちゃんと並び「Sサイズちゃん代表」ということで、メークやヘアアレンジといったビューティページはもちろん、「Sサイズちゃん着まわし」などで活躍しました。

そんなひなちゃんのピチモでの立ち位置は、ほんわか&いやし系担当。シャイでマイペースな女の子。基本まじめで、しっかり者キャラといったところ。


■マイペースエピソード
ひなちゃんの性格を裏付けるエピソードは、なんといっても「変顔をしない」こと。ピチモになったからには、ピチモ全員がほぼ強制(?)される変顔ですが、ひなちゃんは、あんまりしない、というか、最もやらないピチモでした。

現役アイドルで、変顔をやりそうもない前島亜美ちゃんでさえ「あみたの変顔が見られるのはピチレだけ」ということで、ちょこちょこ披露しているところ、ひなちゃんが初めて変顔を公開したのは、ピチモになってから3ヶ月後の2011年4月号「裏ピチ」となります。

また、2012年10月号「スクール名鑑」の最終ページは、ピチモ全員が変顔を載せているんですが、そんな中、ひなちゃんだけが、めちゃめちゃ可愛い顔で載っていたりもします。


■まじめエピソード
一方、まじめエピソードとしては、2011年9月号の「中2ピチモ林間学校」。お泊りということで、ちゃんとカバンに勉強道具を持ってくるあたり、その性格がよく現れているといえます。また、引率のピチ編から「しっかり者。マイペースでいやされる」とも評されました。

また、2012年2月号「お年玉リアル使い道アンケート」。ここでのひなちゃんの回答は、「ズバリ貯金!オトナになったときのために貯めておく」。他のピチモは、服やゲームなど欲しいものをあげる中、ひなちゃんの堅実さが目立つエピソードといえます。

その他、2011年5月号「お部屋紹介」では、自分の部屋に、なんと除湿機と空気清浄機がそれぞれ2台ずつ計4台もあるということが発覚。部屋履きも、イボイボ付き健康スリッパだったりと、とにかく健康に気を遣う「健康マニア」っぷりも見て取れます。


■AKBファンエピソード
さらにひなちゃんは、AKB48が大好きなことでも有名です。2011年10月号の「AKB大好き企画」では、佐藤すみれちゃんを1推ししてることをはじめ、「選抜じゃないメンバーが好き」「iPodのほとんどがAKB&SKEの曲」とアピールするように、かなりのファンであることがうかがえました。

そして、2012年2月号。ここでは、かねてから「すーちゃん推し(長崎すみれちゃんではない)」を公言していたこともあって、見事に「すーちゃん&ひな対談企画」が実現。キンチョーしつつも、憧れのアイドルから優しく接してもらったことで、「忘れられない思い出となった」ようです。


■思い出ふりかえり

2011年1月号:初登場
記念すべき初登場は、2011年1月号。まずは、「プリおまじない講座」ということで、プリテクをアドバイスするバラエティページでの撮影が、最初のピチ撮となりました。さすがに新ピチモということで、ここからしばらくは、あまり出番は多くありません。
2011年4月号:初変顔
巻末「裏ピチ」にて、ついに初変顔を披露。編集部コメントとしても「シャイなひなの変顔」とあるように、なかなかお目にかかれない貴重なシーンとなります。
2011年5月号:ピチブロ&お部屋見せ
ピチモ歴5ヶ月目にして、さっそく個人特集「ピチブロ」が回ってきました。1ページ全部をつかった、ひなちゃんの紹介記事となります。また、同号の「お部屋見せ」にも、ひなちゃんが登場。リアルマイルームが公開されました。
  
2011年9月号:中2ピチモ林間学校
そしてそして、ピチレ伝統の企画「中2ピチモ林間学校」です。小林由理ちゃんや山口乃々華ちゃんといった、同学年のにぎやかメンバーに混じった中、マイペース&おっとり、かつ、しっかり者キャラとして、ひなちゃんの存在感が目立ちました。
2012年2月号:すーちゃん直撃インタビュー
本誌AKB特集にて、憧れの佐藤すみれちゃんと対談。やや緊張気味のひなちゃんに対し、すーちゃんは「ひなちゃん可愛い〜」。
2012年1月号:ヘアカット&スターなりきりコスプレ星占い
ひなちゃん大活躍の号。まずは、ヘアカット。ロングだった髪を、ヘアアレ企画にてバッサリ30cmもカット。当時のドラマ『Q10』で見た「前田敦子さんみたいなボブになりたい」。後者、コスプレ企画では、スマイレージの和田彩花ちゃんを担当しました。
2012年6月号:ガーナありがとう企画
ガーナチョコとのピチレ本誌とのコラボ企画。母の日にちなみ「ありがとうCM」を製作。ひなちゃんは、ママとの仲良しエピソードを語りました。この様子は、ロッテガーナホームページにて、動画公開されました。
2013年1月号:部活応援団
全国の部活をがんばるJCを応援する企画。第1回は東京の私立中学の吹奏楽部を訪問。ひなちゃんは、元吹奏楽部でフルートを担当していてこともあり、福原遥ちゃん&佐藤葵ちゃんとともに、取材メンバーに選ばれました。
2013年2月号:卒服BOOK
実質、ピチモとして最後のお仕事となったのが2013年版「卒服スタイルBOOK」のピチ撮。こんな感じで、ひなちゃんがセンターです。
  
2013年4月号
そして、今月号。巻末「裏ピチ」にて、卒業発表&読者へのメッセージが掲載され、ひなちゃん、ピチモ卒業となりました。


■まとめ
ということで、ひなちゃんのピチモとしての活躍を簡単にふりかえってみました。卒業理由は、裏ピチにある通り「学業専念」とのこと。

ピチモは卒業しても、これから何らかの形で芸能活動は続けていくのか、それとも完全に学業に専念するのか分かりませんが、ピチモとして活動したこの2年3ヶ月間の経験を生かし、夢に向かってがんばっていって欲しいと思います。