三月の兎

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

合格する可能性のある学年

と、以上、ここまでを頭に入れた上で、改めて上の一覧表を見てください。応募時に「小4〜中3」ということは、合格時「小5〜高1」ということになります。上の表は、もちろん合格時の学年ですので、すると表中には本来、小5、小6、中1、中2、中3、高1の6つの学年があるはずです。

しかし、よく見ると分かりますが、最小学年の「小5」と、最高学年の「高1」の合格者は、どちらも1人もいません。つまり、実質ピチモオーディションは、合格時「小6〜中3」の争いといえ、これを言い換えると、応募時点で「小5〜中2」の人みが合格する可能性があるということになります。