薔薇の迷路

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

久々の女性編集長

この人事、何より注目なのは、ついにピチレも女性編集長となったことです。ニコラは、先代の松本編集長、現在の眞部編集長と、2006年からずっと女性編集長が続いており、その結果、中学生雑誌ナンバーワンにまで部数を伸ばしてきました。

対してピチレはといえば、以下の「ピチレモン編集長・副編集長年表」の通り、2005年の5月をもって篠田徳子編集長が退任して以来、白井編集長、脇谷編集長、正田編集長と3代に渡って、長らく男性が務めてきました。これこそ、ニコラに部数を逆転された最大の要因の1つであり、三月の転校生でも、ずっと「女子中学生雑誌の編集長は女性であるべき」と書いてきましたが、ようやく7年ぶりにピチレも女性編集長に戻ったわけです。