三月の兎

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

第1位:オーディション合格者の所属事務所自由化

なんといっても、第1位はオーディション制度の変更です。2011年の第19回ピチモオーディションから、その合格者の所属事務所に関するルールが大きく変わりました。

具体的には、2010年のオーディションまで、「合格者は編集部と提携するモデル事務所タンバリンアーティスツに強制的に所属」することになっていました。それが今年からは、「合格者は編集部の指定する事務所に所属」となり、事務所選択の幅が広がったのです。実際、野々宮優ちゃんこそ例年通りのタンバリンですが、楠山真緒ちゃんはボックスコーポレーションに、中山咲月ちゃんはテンカラットにと所属が決定しました。

このように、スターダスト所属として応募した関根莉子ちゃん以外の一般応募3名が、さっそく新ルールの下、それぞれバラバラの事務所となりました。まさに三月の転校生でもずっと主張し続けてきた「事務所の自由化」が実現したことこそが、今年最大のニュースといえます。