三月の兎

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

ピチモ物語『ピチみて』

久しぶりのピチモ物語は、「ピチモ版マリア様がみてる」。略して「ピチみて」。もちろん「マリみて」のピチレ版パロディです。とりあえず、1話完結ではなく、これからしばらくかけて、ちょこちょこ連載という形になります。

主人公はピチモになる前の関根莉子。物語は、莉子が今年のオーディションに参加するシーンから始まります。

オーデの集合時間に遅刻しそうになった莉子が、あわてて駆け込んだエレベーター。そこで、たまたま先に乗っていた憧れの先輩ピチモ星野悠月と運命的な出会いを果たします。

さてさて、莉子は無事ピチモオーディションに合格することが出来るのか? そして、憧れのであるホッシーの「妹」になることができるのでしょうか?

ピチレモン。

昭和61年創刊の、この雑誌は、もとは「ファンシーな女の子」のためにつくられた、
伝統ある中学生ファッション誌である。

ピチレモンの専属モデルには、「姉妹(スール)制」という、ラブベリーやニコラ
にはない独特のモデル育成制度が存在する。

それは、先輩ピチモと新ピチモとが、ピチモの証である「ラビピョンズのネックレス」の
授受を通じ、姉妹(スール)の契りを結ぶというものである。

そして、晴れて姉妹となったピチモのペアは、公私にわたって関係を深めつつ、「姉=先輩ピチモ」
が、「妹=新ピチモ」を個人的に指導し、一人前のモデルへと育ていくことになる。

【第1話】胸騒ぎのオーディション


2011年4月26日。


今日は、第19回ピチモオーディションの2次審査当日。


間もなく、集合時間の13時を迎えるところ、1次書類選考の合格者20名が、ここ五反田の学研本社ビルに、ある者は1人で、ある者はお母さんに付き添われ、またある者は事務所のマージャーさんに伴われ、集合しつつあった。


しかし、そんな時。莉子は、ようやく五反田駅に到着したところであった。埼玉から1人でやってきた莉子は、ここまで来る間、電車の乗り換えを間違え、ギリギリになってしまったのだ。


「ど・・・どうしよう。もう1時になっちゃう!」


事前に編集部から送られてきた地図を片手に、あわてて駅から駆け出すのだった。






バタバタバタ。


1階で受付を済ませると、まさにドアが閉じかけているエレベータへと駆け込む。


「待ってください! 乗りま〜す」


すると、先に乗っていた少女が、『開く』のボタンを押して、待っていてくれた。


「ふぅ〜。ありがとうございました」


無事に乗り込むと、息を切らししつつ、お礼を言う莉子。


すると、先客の少女が尋ねる。


「あなた、何階?」


「はい、18階です」


すると、18階と聞いて、その少女が反応する。


「あら、ということはピチモオーディションかしら?」


18階は、ピチレモン編集部がある階であり、オーディション参加者の集合場所でもある。


「あっ、そうです」


答えたところで、莉子と先客との目と目が、初めて合った。


「ん!? わっ、ホッシーだぁ!!」


莉子は、あまりの興奮に、ついニックネームで呼でしまった。





莉子が、現在所属する芸能事務所スターダストの所属オーデを受けたのは、大好きなホッシーが所属していたから。


そして、今年の初め。マネージャーさんに「ピチモオーディションを受けたい!」と申し出たのも、もちろん憧れのホッシーと同じお仕事がしたかったら。


とはいえ、まさか自分が1発で合格するとは思っていなかったので、マネージャーさんから1次通過を知らされたときは、うれしさも去ることながら、果たしてこんな自分でいいのだろうかという不安の方が大きかった。


しかし、「目標であるホッシーに近づきたい」「ピチモになりたい」という思いも当然にあり、2次の期日が迫るにしたがい、次第に、ここまで来たら絶対に合格したいと強く願うようになっていった。


そして迎えたオーディション当日。偶然にも、エレベーターの中という意外な場所で、ばったりホッシーに会ってしまったものだから、気が動転してしまったのも無理のないことなのかもしれない。





次の瞬間、われに返って謝罪する莉子。


「し・・・失礼しました」


ペコリと頭を下げる。


「ふふふ。いいのよ。気にしないで」


余裕の微笑で返す悠月。


するとことで。


<ポーン>


18階に到着し、ドアが開く。


2人、エレベーターを出ると向かい合い、莉子がもう一度お辞儀をして、走り出そうとしたところ。


「ちょっとあなた、お待ちなさい」


悠月に呼び止められた。


「は・・・はい?」


莉子が振り返る。


「これ、持って」


すると悠月は、持っていた自分のP&Dのバックを、戸惑う莉子に押し付けた。


直後、憧れのホッシーの美しい顔が、わずか30センチまで近づいてくる。


「タイが曲がっていてよ」


そう言いながら、空いた両手で、莉子のタイを丁寧に直す。


あまりの出来事に固まる莉子。


そんな莉子の様子を、優しく見つめつつ。


「そういえば、あなた。いそいでいらしたのではなくって?」


「あっ、いけないっ!」


ここで、われに返り


「ありがとうございました」


もう1度頭を下げると、悠月に背を向け、会場受付へと走り出した。


(⇒第2話へつづく)