三月の兎

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

2011年の応募総数の明暗

応募総数の推移を見てみると、さすがに中学生雑誌のナンバーワンとナンバーツー。両誌ともに、年を重ねるごとに応募者が増えていることがわかります。とくにニコラの場合、毎年数千人単位で応募者が増えており、グラフも一直線に上に向かって伸びています。

ですが、今年。これまでグイグイ伸ばしていたニコラの上昇が突然ストップしました。なんと、今年のオーデでは、前年と比べて3000人も応募者が減ったのです。よって、グラフも急下降しています。一方のピチレはというと、たった50人ではありますが増えています。この差はどういうことでしょうか。