三月の兎

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

あらすじ

キリスト教系の女子高の生徒会を舞台にした物語。学園祭での演劇の上演をめぐり、生徒会役員の波瑠さんと、これに憧れる新1年生ほののんの2人がメーンのお話となります。

リリアン女学園には独特の「姉妹制度」というのがあり、上級生が下級生を「妹」にして、1対1の関係を築き、いろいろお世話したり指導したりして学園生活を送ることになります。

ようするに、「ほののんは憧れのお姉さまである波瑠さんの『妹』の座を射止めることが出来るのか!?」がテーマとなります。