薔薇の迷路

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

最終的な落ちる確率は99.9%

同様に、「最終的な落ちる確率」を平均すると、99.9%となっています。これは、1000人いると、999人が落ちるということ。単純に考えて、1000人の女の子のうち、トップのたった1人が、最終合格し、ピチモになれるということです。

なお、第9回オーディションから、去年の第17回オーディションまで、キレイに一律「最終的に落ちる確率」が99.9%となっているかと思いきや、第10回のみ99.8%と、若干「ゆるく」なっています。とはいえ、第10回は、後にエースとなった占部佑季ちゃんを筆頭に、準エースまでなった個性派天野莉絵ちゃん、さらには出番が少ないながら一部ファンから絶大な人気を誇った澤田実和ちゃんといった、かなりの豪華メンバーを輩出。レベル的にはオーデ史上でも上位に位置づけられます。なので、0.1%競争率が下がったとはいえ、そのレベルが低かったとは全く言えません。