薔薇の迷路

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

非協力家庭

すると、どうなるか。印象が悪いのはもちろんですが、なにより「この家庭は、子供がモデルというお仕事をやることにに理解がない!」と判断されてしまいます。で、これが1番まずい。

未成年が芸能のお仕事をやる上で、最も大切なのが「親の理解」であることは言うまでもありません。親が「そんなことはさせない」「許さない」となれば、それでおしまい。どんなに可愛くても、才能があっても、本人にやる気があっても、事務所が売り出そうと考えても、デビューは出来ません。

特に、ピチモの場合、たまに平日の撮影もあり、学校を休むこともあります。また、中2、中3となれば、高校受験の関係もあり、親としては、勉強に集中させたい。そんなこんなで、あまりピチ撮を快く思わない家庭もあるはずです。