薔薇の迷路

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

一斉投票とトーナメント

まず、26人の一斉投票の場合、それぞれ投票者はピチモ26人の中から最も好きな子を1人選んで投票することになります。これだと、単純に「ファンの数が多い子」が確実に優勝することになります。

対して、1対1の勝ち抜きトーナメント場合は、試合(投票)が様々な対戦カードで行われることによって、中には「興味ない子どうしの戦い」が出てくるわけです。「どっちも好きじゃない子の試合」や「自分の好きな子が負けちゃった場合」など、どうしても投票したい子がいない対戦カードにあって、わたしたちはどう投票するでしょう?

そんな場合、わたしたち投票者にとって「より負けてほしい子」「この子には勝ってほしくない子」がいるとすると、その子を負けさせるため、特に好きでも嫌いでもない「対戦相手」に投票する人が出てきます。

つまり、あまり興味の無い対戦カードの場合、投票者が、より「嫌いな子」を勝たせないため、あえてその対戦相手に投票する。すなわち、「アンチが多い子は、負けやすくなる」のです。