三月の兎

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

「小公女あみーご」

ただし、単に「決定しました〜」では、なにも面白くありません。せっかく投票まで実施して決めたわけです。そこで、どうするか。もちろん、セイラを有海ちゃんで、真里亜を悠月ちゃんで置き換えて、物語を作ってみます。タイトルは「小公女あみーご」。久しぶり、実に半年ぶりの「ピチモ物語」最新作です。

「主人公=あみーご」
志田未来ちゃん演じるセイラは一木有海ちゃん。やっぱり、まじめで、頭も良くて、しっかりしてて、意思の強い優等生。それでいて、ちゃんと可愛い子。となると、ピチモでは有海ちゃんが1番ピッタリかもしれません。これだけ多くの人が「セイラは有海ちゃん!」と投票したことも、納得です。
「真里亜=ホッシー」
小島藤子ちゃん演じる真里亜は星野悠月ちゃん。こちらも、ピチモで「1番上品で美人なお嬢様」といえば、悠月ちゃんとなるのは、誰もが予想する通り。リーダーとして、みんなをひっぱるまとめ役としも悠月ちゃんならバッチリでしょうか。
「かをり=あおいちゃん」
忽那汐里ちゃんの、かをり役は、投票こそしませんでしたが、メールでも「吉倉あおいちゃんがいいと思います」といった声を何通かもらいました。そういえば、今月のピチレモン12月号「ピチモのひとり言」。あおいちゃんは「まえのんと食事にいったよ。ピチ撮の後、ピチモと食事に行ったのは初めてでした」―――これに「1年半もピチモやってて、初めてかいっ!」とツッコむかどうかは別として、確かにあおいちゃんの、落ち着いた、大人で孤高な雰囲気は、いかにも”かをり的”ですよね。
「まさみ=結莉ちゃん」
有海ちゃんがセイラなら、有海ちゃんに憧れつつ甘える”まさみ役”(岡本杏理ちゃん)は、必然的に事務所の後輩神元結莉ちゃんで。
「カイトくん=みみちゃん」
”ピチモの王子様”黒田瑞貴ちゃんは、やっぱりここでもセイラを守る”カイト役”。となると、前田希美ちゃんは、カイトくんをめぐってセイラと取り合いを演じる、幼馴染の”ゆかり役”ということになるでしょうか。
「その他」
以下、役名がわからないので、演じている人の名前で。真里亜の取り巻きの2人、二つ結びの朝丘マミちゃんの役が谷内里早ちゃんで、髪の長い増山加弥乃ちゃんを勝呂玲羅ちゃん。また、篠原愛実ちゃん役を高田里穂ちゃん。
※ご注意
なお、この物語は、有海ちゃんや悠月ちゃんに演じてもらうための「架空の台本」であり、ドラマ「小公女セーラ」第3話のパロディです。よって、当然ながら、有海ちゃんがいじめられてるとか、悠月ちゃんがピチモを仕切ってるとか、そういった事実は一切ありません。100%フィクションです。