薔薇の迷路

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

2006[新ピチ5人]:採用半減

採用実績は、オーディション3、非オーデ2。2006年は、オーディションの実施が年1回になった最初の年。同時に、白井編集長体制が本格的にスタートした年でもあります。ここから白井氏が4年の長きにわたって編集長を務めることになります。

そんな2005年のオーディションで、編集部は黒田瑞貴ちゃんと前田希美ちゃんの2名を発掘。もう、今や2人は言うまでもなく現在のピチレを支える大エースへと成長しました。ということは、これは白井編集長のお手柄?

ただし、これが白井氏の「お手柄」「先見性」といえるかというと、そうでもなく。実は、この年のオーディションには、篠田前編集長も審査に携わっていました。『ピチレモン』2006年6月号のオーディション風景写真において、篠田氏が審査員席のセンターに陣取っていることからも、当時のオーディション選考において、前編集長が依然大きな影響力を持っていたことが伺えます。

一方、非オーデは年間通じて2名。内訳も、いま名前を聞くと、なんだか懐かしい感もある坂巻優里亜ちゃんと池澤あやかちゃん。前者がオスカーで、後者が東宝芸能。かつ、前者がアイドルユニット「美少女クラブ」のエース級で、後者が「東宝シンデレラ」。まさに両者、大手事務所所属で、しかも事務所が力を入れて売り出し中の新人タレントということで、様々なウラ事情アリアリ、いかにも典型的「非オーデ」といった印象を受けるところでもあります。