薔薇の迷路

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

2005[新ピチ9人]:年2回オーディション時代

採用実績は、オーディション7、非オーデ2。2005年はというと、6月に前期(第12回)オーディション、10月に後期(第13回)オーディションといったように、年に2回のピチモオーディションが実施されていた時代。よって、当然オーディション出身が7人と多くなっています。

また、2005年時点では、オーディションの合格者についても「グランプリ(優勝)」「準グランプリ(準優勝)」と、2種類の格付けが行われていました。12回オーディションでは、大山桃子ちゃんが、13回オーディションでは、太田彩央里ちゃんがそれぞれグランプリ(優勝)に輝いています。

ちなみに、「オーディションこぼれ話」として有名なのが、第12回オーディションの八鍬里美ちゃん。さとみんは、1次の応募写真では黒髪だったのに、2次オーディション当日は、突然茶色に髪を染めて参加しました。すると、これが審査員の間で問題視。とはいえ、もちろん、さとみんの可愛さは、誰が見ても断然トップであり、1位合格として優勝(グランプリ受賞)確実だったんですが、とりあえず「最初の撮影までに黒髪に戻すこと」を条件に、準優勝(準グランプリ)にとどまったのでした。