三月の兎

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

ピチモオーディションの復権

そうすることで、応募者の意識は全く変わります。現在の「ニコラのほうが、合格後も安心」「ピチモオーディションって、合格したら、ピチモだけじゃなく、水着とかグラビアとか、ピチレ以外の変な仕事もやらされそう」「将来性が不安」「タンバリンって、あんまり知らない事務所だし、なんかヤダ」といった不満・不安を解消でき、少なくともニコラと同条件にすることができます。

すると、これに伴い、応募者の「質」も「数」もニコラと同程度に上昇し、より素質の有るモデルをピチモに採用することができるでしょう。当然、より優秀なモデルは、人気が出て、本誌売り上げも回復し、ついに、ニコラに追いつき、やがて抜く。これが、ニコラを逆転する、1つの現実的な方法であると考えます。なお、もう1つの方法は、「編集長の交代」(7月4日付け更新分))。