三月の兎

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

登場は2シーン

まずは回想シーン、7歳の主人公のお姉ちゃん役が千尋ちゃん。主人公の弾くピアノを聴きながら、お母さんに寄り添って、ちょっと甘えた声で「次はあたしの聴いてね」。うわぁ〜、ホントかわいいです。最高です。ちなみに主人公である妹の役が菅野莉央ちゃんなんですが、もう莉央ちゃんよりも圧倒的に存在感あって、かつキレイで、しかも可愛いくって。でも、つくづく千尋ちゃんって美形だなぁ〜、と改めて思いました。これで、当時小6ですよね。

で、その直後、学校へ登校するシーン。一転してここでは病気の妹に母を独占される悔しさから、莉央ちゃんに冷たくあたる千尋ちゃん。一緒に学校へ行こうとする莉央ちゃんに対し「一人で行けばいいでしょ」、追いかけてくると「病気なんだから走るな!」ときつい表情で。はい、とにかくキレイです。