三月の兎

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

ピチモ総選挙2012結果発表

GYOPI2012-08-27

■ピチモ総選挙2012の結果
7月より1ヶ月間かけて実施した、ピチレモン専属モデル34人対象の人気投票「ピチモ総選挙2012」(⇒参考:ピチモ総選挙とは?)。本日、ようやく集計が終わり、最終的な順位が確定しました。

今年の投票も、実に1131人もの人に参加してもらいました。多くの人が投票したことで、結果のほうも、より実際の人気を反映したものになったと思います。ということで、それではさっそく今年の確定順位をみていきましょう。

■「ピチモ総選挙2012」確定得票数

確定得票数全34人分を見る

■得票率

■第1位:まな(高1)
志田友美ちゃんによる、2010&2011に続く3連覇がかかった今年の総選挙。最終的な順位は、わずかの差で友美ちゃんは3位に落ち着きました。代わりに、初のトップに立ったのが同学年の江野沢愛美ちゃんです。

愛美ちゃんは、2010で6位、2011が3位と、年々順位を上げてきて、ついに2012で念願の1位を獲得。それにしても、こうやって、毎年徐々に順位が上がってくるということは、その人気がホンモノであるということ。実際、管理人のところにもらうメールでも「まなちゃんファンです!」という人がすごく多く、今回トップというのも十分に納得です。

現時点での通算表紙回数22回、「まなゆうコンビ」としてピチレを支える中心メンバーの愛美ちゃん。ピチモ卒業の日が迫る高1組にとっては、おそらく今年が最後の総選挙となるはずで、そんな中、ついに1位を獲得です。愛美ちゃん、そして愛美ちゃんファンの方で投票された方、おめでとうございます。

■第2位:はるん(中2)
一方、わずかの差で、2位となったのが、総選挙初参加の新ピチモ福原遥ちゃん。ピチモ総選挙の恒例として、「毎回2位にはピチレ以外の芸能活動経験者で人気&知名度抜群の新ピチモが入る」というパターンがあります。具体的には、2010年、新ピチモとしてイキナリ2位になった藤井千帆ちゃん。もちろん、長期の「天てれ」レギュラー出演によって、すでに多くのファンが付いていました。

で、今年。まさに、テレビで「まいんちゃん」として活躍する遥ちゃんも、ピチモ加入時点で、すでに多くのファンが付いているコ。ピチ読以外の層から、圧倒的な支持を受け、見事に準優勝です。

なお、遥ちゃんは、今月号でさっそく「中2ピチモ林間学校」企画にも参加し、ピチ読の間でも、その人気は上昇中。このまま、ピチ読層からの支持も集まれば、来年の総選挙1位も見えてきます。

■第3位:ゆうみん(高1)
2010年以来、総選挙2連覇中だった志田友美ちゃん。投票開始時は、愛美ちゃんと抜きつ抜かれつ、熾烈な1位争いを演じていましたが、後半になって徐々に遥ちゃんの激しい追い上げがスタート。最終的に、惜しくも3位に後退となりました。

とはいえ、上位2人との差は、得票率にして2%と、ホンのちょっとだけ。今月号で25回目という、歴代ピチモでもトップの表紙回数記録保持者。「エースゆうみん」は、まだまだ健在です。

■第4位:りったん(中2)
ピチモ新世代の代表格で、将来のエース候補である関根莉子ちゃんが、総選挙初参加にして4位と大健闘。獲得票数も、ちょうど100ということで、しっかり100票代に乗せてきました。

そんな莉子ちゃんについては、なにより「ピチモオーディション出身」であるということがポイントです。エースになるには、歴代のピチモエースを解説した日記(⇒歴代エースの系譜)で書いたとおり、読者からの支持が得られやすい「オーデ組」が絶対有利です。

現時点で、確実に編集部に推されているし、このまま読者の人気が順調に高まっていけば、あとはモデルとしての実績&経験を積むだけ。遥ちゃんに並ぶ、来年の総選挙1位候補の本命といえそうです。

■第5位:あかりん(高1)
高1組の山田朱莉ちゃん。スタイル抜群、関西弁キャラで親しみやすさも抜群。それでいて整った綺麗な顔立ち&オトナっぽさ。2009年のオーデ合格以来、現在ピチモ歴3年と4ヶ月。今ではすっかりピチレになくてはならない大きな存在となっています。

朱莉ちゃんいついては、なにより、そのルックスの変化に注目。もちろん中1だった合格時は、相応の幼さがありましたが、中3あたりから、それこそここ1年で、急に顔立ちがオトナっぽく、ホント美人系になってきました。もともとスタイルは抜群に良かったわけで、そうなると現在、まさにモデルさんとして完成の域に入りつつあります。ぜひ、このままモデルというお仕事を続けていって欲しいと思います。

■第6位:のの(中3)
第6位、山口乃々華ちゃん。ここでようやく中3世代の登場です。きのうの日記でも「次期エース候補」としてあげましたが、実際に編集部としても、最近の本誌での扱いからみるにつけ、「次のエースはののちゃん」と考えているようです。

とにかく、6月号で表紙&100質を経験し、それに伴って読者人気もグングン上昇中。それを裏付けるように、総選挙でも、2010が16位、2011が11位と二桁順位だったところ、今回一気に6位と一桁台に上げてきました。

莉子ちゃん&遥ちゃんといった中2世代へのエース継承に待ったをかける、中3世代のトップとして、今後のののちゃんの存在感&活躍に注目です。

■第7位〜第8位:すーちゃん(中3)&あみた(中3)
ののちゃんに続き、中3組世代を代表する長崎すみれちゃんが7位。すみれちゃんは、ラブベリーからの途中移籍4人組の中で、見事に最上位の順位となりました。先月に初表紙を経験し、編集部も、すみれちゃんの人気の高さをようやく認識してきたところです。パッと見、アイドル系&ほわほわの可愛さで、一転、喋るとバリバリの関西人というギャップもその人気の秘訣。これから、なるべく早く「すーちゃん100質」が見たいです。

続く8位も、中3組から前島亜美ちゃん。今月に2冊目のソロ写真集が発売され、本業のアイドル「SUPER☆GiRLS」としても大活躍。そのため、本誌での出番は、あまり多くはない中、去年の16位から今回8位と大きく順位を上げました。ピチモ歴1年半となり、ピチ読の間でも確実に「あみたファン」は増えつつあるということです。ちなみに管理人は、もちろんあみたちゃんに投票しました。

■第9位〜第10位:しお(高1)&ほののん(高1)
9位の井之上史織ちゃんは、正直ちょっと意外でした。ほののんをギリギリ3票差で退け、ラブベリー移籍4人衆では2番目の成績となります。さすがに「おはガール」としてのブランドは効果的。初登場と同時に初表紙を経験という待遇からも分かるとおり、編集部も大きな期待を持って迎えたコ。ピチモ歴も10ヶ月となり、ピチ読にも浸透してきたところです。

そして10位が未来穂香ちゃん。史織ちゃん同様の初登場&初表紙に加え、ピチモ歴10ヶ月にして表紙回数が5回、さらには8月号からソロ連載もスタートと、現在「編集部に最も推されているピチモ」の筆頭格。そんな穂香ちゃんには、今回の総選挙も上位、それこそベスト3入りも期待されましたが、意外に票は伸びませんでした。

■その他注目どころ
11位の岡美咲ちゃんは、もともと読者人気が高くて、熱心なファンが多いのに、なぜか本誌の出番が少ないコ。活躍の機会がもっと増えれば、それに伴って確実に人気もアップするんですが、もったいないところです。と、そんなミサッキーですが、本誌登場がこれだけ少ないにもかかわらず、ベスト10入りまであと1つという好成績を収めました。

12位が森高愛ちゃん。投票開始直前にドラマ出演決定が発表となり、期間中には放送もスタート。ピチモ歴3ヶ月にして堂々の12位入賞です。

そして14位が小林玲ちゃん。「ののレイコンビ」として中3世代の代表格の1人とされるレイちゃんですが、穂香ちゃん同様に伸び悩み。でも、レイちゃんの、すごく優しくて控えめな性格&クール系の見た目とギャップ大の天然キャラなど、まだまだその魅力が伝わりきってない感じです。

15位の中山咲月ちゃんも苦戦。なにより中2組を代表する「りこさつコンビ」として、次世代のエースとなるべき存在なので、挽回に期待です。

■まとめ
基本的に、人気ピチモがしっかりと上位に入ってきており、管理人の実感ともだいたい合っている感じです。投票数もそこそこ多くなったことで、結果も順当に「実人気」を反映していると思います。

世代的に見ると、特にベスト5は高1と中2で占められ、その分、6位〜10位には中3が多く入るということで、ある意味バランスの取れたものとなりました。

また、上位を見ると、莉子ちゃんを筆頭に、ののちゃん、あみたちゃん、すーちゃん、遥ちゃんと、「小柄系」「アイドル系」「妹系」が揃っており、一方で、レイちゃんや咲月ちゃん、小川涼ちゃんといった「クール系」はいずれも苦戦。最近の人気ピチモの傾向、ピチ読の好きなタイプが、よりハッキリと明らかになった印象です。

ということで、今回投票に参加してくださった方々、ありがとうございました。来年も、この時期に「ピチモ総選挙2013」を実施したいと思います。と、その前に、次の人気投票企画は、これまた冬の恒例行事「ピチモP-1グランプリ」となりますので、こちらもお楽しみに。