三月の兎

かつて三月の転校生と呼ばれていた日記

8月に発表された最新データ

10日発表された、2010年第2四半期(4月〜6月)分の、「ピチレモン」「ニコラ」「ラブベリー」「ハナチュー」各誌の部数データです。現時点では、この数字が公式のものとして最新のデータとなります。発表についてメールで教えてくださった方、ありがとうございました。

ということで、さっそく結果を見ていきましょう。(データは「(社)日本雑誌協会HP」より)

データの見方

上の段に書かれた数字が、今回発表された最新の部数データです。下の段が、前回の第1四半期分(2010年1月〜3月期)の数字です。また、上段の枠内にある赤字、もしくは青字で書かれた小さな数字が、1〜3月期と4〜6月期との比較増減であり、赤が増加、青が減少を表わします。

総評

ついに23万部を突破したニコラの圧勝。今回も堂々のトップで、2位ピチレに、ほぼ10万部近い大差をつけました。そのピチレは、2位の座こそ守ったものの、前期比マイナス3000部という大幅減。3位との差がますます縮まってきました。

3位ラブベリーは、プラス100の微増ということで、ほぼ変化無し。で、最下位ハナチューは、たしかに7万台とダントツのビリではありますが、それでもプラス1000と、若干ですが巻き返してきました。

ピチレの1人負け

結果的に、前期比で部数を増やしたのが3誌。対して、減らしたのがピチレ1誌だけ。単純に売れ行きの増減で見れば、ピチレの「1人負け」状態といえます。

実際、4誌合計の売り上げは、「1〜3月期:580583部」「4〜6月期:580383部」ということで、ほとんど変わってません。つまり、ニコラが2000、ハナチューが1000増やした分を、そのままピチレが1人で3000減らしたことで埋め合わせているのです。

ピチレの「プラス要因」

もちろん、ピチレの3000減なんて、取るに足らないことといえるかもしれません。ただし、それは「プラス要因」がないという前提の元でのことです。そして、今期のピチレには、実は大きなプラス要因があったのです。

中でも、最大のプラス要因はピチモのNHK出演。ピチレ25周年ということで、編集部も力をいれ、「すイエンさー」(NHK教育)のレギュラーを取って来ました。これにより、ピチモが3月の終わりから毎週毎週、全国放送の番組に登場。大幅な知名度アップが見込めました。

また、6月号では、2010年ピチモオーディションの合格発表があり、新ピチモに注目が集まりました。さらに、エース前田希美ちゃんは、大河ドラマに出演したり、「ラブトキシック本」も出版したりました。他にも、読者開放日で、徹底的に付録についてアンケートをとり、とにかく付録に力を入れ、毎月の豪華付録を実現したりもしました。

ピチレは危機的状況?

このように、今年のピチレモンには多くの「プラス要因」があったため、ピチ読はみんな「今年こそ売り上げがアップする!」「もしかしてニコラに迫れるかも!?」と期待していたのです。

なのに、現実はといえば、他誌がみんな増やしているのに、ピチレだけがマイナスという。この結果に、ピチ読は一様にがっかりし、25周年という記念すべき年ということもあり一生懸命テコ入れした編集部も、さすがにあせっているのではないでしょうか。

中学生雑誌ナンバーワン

一方のニコラはどうでしょうか。実は、ニコラにとって、この4〜6月期というのは、最も部数減少が予想された期間でした。理由はもちろん、4月号での日南響子ちゃん&西内まりやちゃんの卒業。エース2人が揃っていなくなっちゃうことで、読者が減るのではないかと思われていたわけです。実際、『ニコラ』から、まりやちゃんの移った『セブンティーン』に変えたという人も多かったようです。

にもかかわらず、今期の結果もダントツの1位。これだけのマイナス要因がありながら、減らすどころか、逆に2000部増やしています。こういったところが、ニコラの強さというか底力。「ナンバーワン中学生雑誌」のキャッチコピーは、ホンモノでした。

ピチレの希望

ただし、がっかりしてばかりはいられません。ピチレの逆転要因、さらなるプラス要因が、まだまだ用意されています。まずは、「新ピチモの本格登場」。初登場から数ヶ月たち、新ピチモも定着し、それぞれの子にファンもついてきました。

また、これに関連して「救世主!?千帆ちゃん」。『天てれ』時代の藤井千帆ちゃんを知るファンが、ピチレに戻ってきています。メールでも「ピチレは読むのやめてたけど、千帆ちゃんがピチモになったっていうんで買ってみました!」「千帆ちゃんを目当に、初めて買いました☆」といったメールが増えています。千帆ちゃんといえば、登場からすぐに実施された「ピチモ人気投票」でも、イキナリ上位にランクイン。さっそく、その人気の高さが証明されました。

そして極めつけが、先日の黒田瑞貴ちゃんのブログで明らかにされた「世界バレーの応援団」就任の件。ということで、このように、まだまだピチレに希望はあるようです。

まとめ

以上、最新の部数データを見てきたわけですが、ますますニコラが強くなり、2位ピチレは、なかなか伸び悩み中というのが現状。どうも、いろいろピチレ編集部が手を打つんですが、それが上手く結果に結びつかない感じです。編集部も、ピチ読も、もどかしい思いをしています。

ということで、年末更新予定、次回の部数データ日記は、いよいよ「2010年の年間確定部数ランキング」。ここらでパッと、上で書いた「希望」が実り、「ピチレ大幅部数増!」「ニコラに急接近!」といったタイトルで日記が書けるといいなぁと期待しています。